リレンザの利点.com

リレンザの作用と利点

リレンザはタミフルと非常に似ています。どちらもインフルエンザの辛い症状を緩和させるという作用があるからです。しかし両者は似て異なるものです。特に妊婦のインフルエンザ患者の場合、両者の違いを深く実感することでしょう。タミフルとリレンザには色々な違いがありますが、最も大きな違いがあります。それは妊婦が問題なく使用することが出来るのかという違いです。
一般的に妊婦がインフルエンザにかかってしまった場合、タミフルを積極的に処方する医師はあまり多くいません。何故ならタミフルは服用するものなので、万が一お腹の中の胎児に影響を与えてしまった場合、その責任をとることが出来ないからです。それに対してリレンザの場合は、基本的には妊婦であっても安心して使用することが出来ると言われています。なのでいわばリレンザというのは、インフルエンザにかかってしまった妊婦にとっての、最後の砦ともなる薬なのです。もしもタミフルだけでなくリレンザすらも使用出来ないとしたら、インフルエンザにかかってしまった妊婦は、かなり辛い思いをしなければいけないことになります。何故ならインフルエンザが治るのを、ただただじっと待つしかなくなるからです。そしてインフルエンザの症状というのは一般的に高熱が出たりして非常に辛いものです。妊婦というのはただでさえ体力を普通の人以上に消耗してしまうものなのに、それに加えてインフルエンザの諸症状にも耐えなければいけないとしたら、これ程過酷なものはないのです。なのでリレンザはインフルエンザにかかってしまった妊婦にとって、まるで神のようにも見える薬なのです。このように妊婦も安心して使用することが出来るというのが、リレンザの最大の利点になります。

リレンザの間違った使用方法

リレンザは、粉状の薬を吸入するタイプのインフルエンザ治療薬です。ウイルスが増殖する気道に直接働きかけることができるので、ウイルスの増殖を抑制することが出来ます。粉薬というと、飲みにくいというイメージがありますが、リレンザはほんのりとした甘さが広がりますので、幅広い年代で気軽に使用することが出来ます。
リレンザは、治療用・予防用に使用することが出来ます。目的により用量・用法が異なりますので、間違わないようにしましょう。
リレンザの服用量を間違ったなど、間違った方法で使用してしまうと、副作用が発生する可能性があります。また、以前に医薬品を服用・使用して何らかのアレルギー症状が出たという場合や妊娠・授乳中であるという場合には、何らかの影響がある場合がありますので、使用前に医師に確認することが重要になります。
リレンザを治療を目的と使用するという場合には、1回2ブリスターを1日2回、5日間連続して利用します。使用する際には、専用の吸引器を用いる必要があります。インフルエンザの症状が出てから48時間以内に使用することが大切です。また、予防として使用するという場合には、1回2ブリスター、1日1回10日間使用します。使用するタイミングとしては、インフルエンザウイルスに感染している人に接触した後36時間以内に使用するようにします。なお、予防効果を得ることが出来るのは、リレンザを服用している期間のみです。
関連性は明確にはされていませんが、リレンザを使用したことで異常行動などの症状が出る可能性があります。自宅で使用するという場合には、思わぬ事故に繋がる可能性がありますので、使用後は1人きりにならないように配慮するようにしましょう。

リレンザはインフルエンザ予防にも活躍

リレンザというのはインフルエンザにかかってしまった時に、治療薬として使うものだと認識している人は多数派です。しかし実はリレンザという薬はインフルエンザにかかってしまった場合に治療する為だけでなく、インフルエンザを予防する為にも使うことが出来るのです。つまりタミフルとは違うということなのです。ですのでそのことを知らない人というのは、損をしてしまっていることになるのです。
リレンザを使ってインフルエンザを予防しようと考えている場合、リレンザ単体を使って予防するのはもちろん構いません。しかしより確実にインフルエンザを予防していく為には、予防接種も一緒に受けるようにした方が良いのです。リレンザも予防接種もどちらもインフルエンザに感染することを防ぐ為のもので、目的は一緒です。だからこそ目的が一緒の二つの方法を同時に試すことで、よりインフルエンザにかかってしまうリスクを減らすことが出来るというわけです。
更に予防接種とリレンザには共通点があります。それは妊婦であっても比較的安心して試すことが出来るという点であり、そこもタミフルとは異なる点です。タミフルの場合は一般的にインフルエンザの治療の為に妊婦に処方されることはあまりありません。しかし予防接種やリレンザの場合は妊婦であっても試すことが出来ると言われています。つまり妊婦にも十分、インフルエンザを予防したり治療したりする為の手段は与えられているということなのです。もちろんだからといって油断して不要不急の外出をしても良いというわけでは当然ありませんので、なるべく人混みの多い所に行かない生活を送ることが大切であると言えます。リレンザを使って、上手にインフルエンザ流行時期を乗り越えましょう。
タミフル通販でインフルエンザウイルスを予防